����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¹����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������³����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������µ����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¼����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������ª����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������³����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯


水と風の施術室

最後はガーデンセラピー、「水と風の流れる施術室」です。この屋外施術をやるためにこの遺跡のスペースを作ってきたようなものです。「緑に囲まれた中で至福のトリートメントを受ける。」よくバリ島のスパの写真にありますよね。それを新潟の風土でもやろうと思い、この空間を作ってきました。これを達成するには視界を遮って囲まれた空間でないと落ち着かないため、ガーデンの中に半個室を作る必要があります。

半個室にはパーゴラ

何かに囲われた安全な小さなスペースでないと、落ち着くという感覚にはなれません。というわけで水上のウッドパネルを覆うようにパーゴラを設置して、個室を作りました。竹のカーテンで仕切り、天井は布がかけられるようにしています。施術スペースの真下は水辺なので、気化熱の効果なのか、周囲よりもヒンヤリして気持ちがいいのです。

 

水音と施術の相乗効果は大きい

この屋外施術の効果は予想以上に大きかったです。施術というのはいかにして相手の力を抜かせるかがポイントとなり、筋肉や神経に刺激を入れて緩めていくわけです。

水の音と木のそよぐ音、鳥のさえずりなどの高周波、そして肌を撫でる風が自律神経に直接的に作用して緩めてくれるのです。だから施術をする側はとても楽にクライアントの緊張を緩めることができます。改めて空間が体にも影響を与えているということを再認識しました。

Sponsored Link

MISSION COMPLETE!

施術中に野鳥がすぐ目の前の水辺で水浴びをしていったこともありました。水音が無駄な思考をかき消してくれるので、施術をする側もとてもリラックスしてサービスを提供することができます。春と秋の晴れた日のみでしたが、お客さんにはとても喜んでもらえました。

というわけで遺跡ガーデンの中でやりたかったイベントを一通り全て開催し、当初の目標を達成することができました。


iseki-garden

振り返ってみて

達成感と自己肯定感

おそらく僕は前世でマチュピチュやピラミッドで作業する奴隷か何かだったでしょう。岩を積んでいると無心になれるし、とにかく楽しいのです、というか血が騒ぐのです。

長い期間での目標を立て、実行し、継続し、達成する。この経験から自分自身をより好きになれたし、自信を持つことができるようになったと思います。「がむしゃらにやれば何でもできるんだ」という根拠のない自信です。岩を積んで構造物を造るという単純なことですが、人生で初めて大きな達成感を得ることができました。

 


自分の名前について

最近になって偶然に気づいたことがあります。僕は堀 琥治郎というアーティストネームで活動していますが、本名を堀 拓郎といいます。機会があって自分の祖先のルーツを調べることがありました。堀家というのは僕で11代目なのですが、堀氏という氏族の末裔です。堀氏というのは日本海側の鉱山開発に携わっていた氏族で、石見銀山で財をなした堀庭園なんてのもあります。

考えてみると、無意識に山の岩に惹かれたのは、そういう血なのかもしれません。当時は取り憑かれたかのようにひたすら岩を切り出していました。また拓郎という字も「手へんに石」なのです。漢字のまま意味を取れば「掘って石を手にする男」です。今目の前に積見上げられた岩を見ると、自分の名前に妙に納得してしまいました。


岩を積む経験を通じて得た教訓

「岩を切り出して積み上げる」という経験を通じて人生における本質的に重要なことを学んだ気がします。それはごく当たり前のことですが、重要なことなんだと身をもって感じ得ました。それは今の自分のビジネスの中でも重要な要素になっています。

  • 見えなくとも土中にある基礎の土台をしっかり造らなければ、後で崩壊する。
  • 急いで焦って岩を積んでも、一過性に過ぎずのちに崩壊する。
  • 不変的な構成でガチガチに組まれたものは、どんな大きな地震がきても揺らぐことはない。
  • 積み上げたものは資産となって働く。

次のステージへ

この遺跡が完成する前からすでに、これは次の遺跡への練習段階なんだと感じるようになり、さらに巨大な遺跡ガーデンを求め所有する田んぼを埋め立てました。ここからはより巨大な遺跡づくりにチャレンジしていくことになります。


遺跡職人への道

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。きっとあなたも遺跡を造りたくなった事でしょう。でも造り方がわからないという初心者の方、ご安心ください。そんなあなたのために遺跡職人養成講座をそのうち開催します。岩の切り崩し方から積み方までプロが丁寧に教えます。参加費としては毎月、時空の壺(¥39,800税込)を買っていただければOKです。

お庭に遺跡があると、友達にめちゃくちゃ自慢できることでしょう。自分の宗教を立ち上げて祈りの儀式を開くこともできます。不思議な力が働いて、いつの間にか英語もしゃべれるようになります。

今後のセミナー情報にご期待ください。

 

次号:さらに巨大な遺跡づくり・「田んぼを埋め立て農業委員会と戦う編」につづく。

 

Sponsored Link

Leave a Reply

Your email address will not be published.