����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¹����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������³����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������µ����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¼����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������ª����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������³����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯

人を癒す空間を目指して

整体師を目指す事を決めて、庭づくりも「いかにその空間で人が癒されるのか」というテーマにフォーカスするようになりました。ただ眺めて癒されるのではなく、その空間の中でどんな人たちがどんな事をしているのか、それを想定して造り込んでいきます。

特にこの水音の癒しの力をフルに発揮できる空間にしようと考えます。紙に書き出していくと、いくつかのアイディアが浮かんできました。

  • 水辺の上に施術スペースを作ろう。
  • ガーデンの中でヨガのイベントを開催しよう。
  • ガーデンテラスで音楽イベントを。
  • カフェスペースとして施術後にくつろいでもらおう。

というわけで、まずはウッドデッキテラスが必要になります。で、まずは整地から。

整地をする

うちにはこんな蔵がありました。かしがっていて耐久性も限界になっていたので、これを撤去します。農家の庭リフォームの場合、既存の建造物を撤去しないといけないため、更地にする前に一苦労あります。

 

なせば成る、何事も。バール1本で自力で撤去できました。土壁は土に帰し、柱類はまだ使えるので、ガーデン内のウッドフェンスに再利用します。蔵の枠組みだけ残して、再利用すれば良かったかなとも思いましたが、古代遺跡と和の蔵はマッチしないので、結果として良かったのでしょう。

そして上の写真の通り、テラスを作る場所には我が家のシンボルツリーでもある巨大な赤松がそびえていました。松はどうしてもこれから作る遺跡の雰囲気に合わない事と、大量の松の落ち葉で水辺の管理が困難になる事から伐採する事を決めます。

叔父と2人でチェンソーで伐採。年輪を数えると170年くらいあったと思います。

リビングとガーデンをつなげる

整地が完了したのでウッドデッキを構築していきます。デッキの一部分をくり抜くようにして、ブナの単木を植え込みました。

Sponsored Link

完了。ラウンジとバリアフリーで接続しました。

池を設計した形に掘り、鉄筋を入れたモルタルで固め、コンクリート用の防水ジェルを塗り込みます。

ウォーターガーデン完成

遺跡と水の風景がようやく見えてきました。初めて水を流した日はまさに感無量でした。頭の中に描いてから具現化するまで約3年もかかったのです。亡くなった親父に「どうだ!やってやったぜ。」と話しかけました。人生で最大の達成感を味わう事ができました。

(初めて水を流す時には、ちょっとドキドキします。想定したような表情で水が流れ落ちてくれるかどうか、が実際に流してみるまではわからないからです。)

ちょうど整体院もオープンして、ここから先はこの水の空間をただ眺めるだけではなく、実用的で活きた空間へと変えていきます。

>>イベントの開催編へ続く

Sponsored Link

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published.