����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¹����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������³����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������µ����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¼����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������ª����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������³����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯

山の岩を採取する。

更地になったこのスペースにいよいよ岩を積んでいきます。岩といっても和庭に使われる岩では遺跡風にはなりません。イメージにあるのはマチュピチュのようなノスタルジックな感じ。なので、人工的に加工されすぎた石材もイメージに合いません。欲しいのは自然のままの形の自然石。

MY採石場

僕は20代後半、人生で極限にまで悩んでいた時期がありました。「何をして生きていきたいのかがわからない状態」がピークを迎えていました。そんな時、宗教からスピリチュアル、自己啓発まであらゆる本を買って、昔から知っている山の、とあるがけ崩れを起こしている場所に行って読んでいました。ここはなくなった山好きの父が僕を最初に連れて行ってくれた場所であり、また死ぬ二週間前に最後に訪れた山でもあります。

なんとかして生き方を、思考のパターンを変えなければと思っていたのです。何度も何度もここへきて本を読み、「人生について深く考える」を繰り返しているうち、「今まで通った回数分この岩を持ち帰っていたら、結構な量になっている」ともっと重要なことに気づき始めます。

ある時、山の土地の所有者の方が通りかかり、岩を譲って下さいとお願いしてみると、「なんの役にも立たないから好きなだけもって行きなさい」と許可をもらえました。なんという幸運。そこからは本を読むことをやめ、岩を切り出して運ぶことに意識が移っていきます。

あとは、この思い出の場所の岩を使って創作し、亡くなった親父にすごいものを見せてやろうと思ったのです。とにかく石材を買うのではなく、ここにある自然石だけで作ることを決心します。

良い色合いの岩が崖崩れを起こしています。砂岩なのでちょっとした地震や大雨で崩れやすいのでしょう。

よく見ると化石が含まれています。葉の模様が黒く浮かび上がっています。古代のエネルギーが染み込んでいると思うとワクワクしてきますね。

この岩を持てるだけ手に抱え、7mくらいの斜面を登っていきます。けっこうなエネルギーが必要になります。岩を持って斜面を駆け上る作業をひたすら繰り返します。

今度は車に積み込みます。トラックを持っていないので乗用車に可能な限り積み込みます。 助手席、後部座席と岩でいっぱいになります。

古代人になって岩を積む。

家に持ち帰ったら車から降ろして所定の位置まで運び、整地をしながら積み上げていきます。古代遺跡と同じくいっさいの加工をしないという条件なので、くずれた形のまま積み上げていきます。和庭では和の石積みの工法がありますが、ここでは無視して完全に古代人になりきって積み上げます。乗用車で一度に多くの岩を運べないので、上の写真の部分だけで2〜3往復分の岩が使われています。

 

簡単に言えばパズルのようなものですが、しっかり重なる面が必要だし見た目のバランスも見ながら手持ちの岩をうまく組み合わせていきます。強度も考えるとこれがなかなか難しい。

最初は積み方が分からず、なるべく少量の岩で高さを稼ごうとしたため強度が伴わない事になりました。早朝から丸一日かけて積み上げた岩がその日の夜に崩壊…なんて事もありました。何事も経験ですね。岩と重力のことが少し分かってきました。

高低差をつける

遺跡の祭壇のスペースは築山となっていて少し高くなっていました。高低差を使って、遺跡に登る階段も造ります。

 

Sponsored Link

自分の中のハードルを上げる。

というわけで山で岩を採取〜家に運んで積み上げるという、この作業をひたすら繰り返します。そして単純作業が繰り返しとなると、人間はその中で自分にさらなる試練を課すようになります。この場合、人間はどこまで大きな岩を素手で持ち運べることができるのか、に焦点が移っていき、段々と大きい岩にチャレンジしていくようになります。

早朝5時に岩と一緒に斜面を転げ落ちたこともありました。けれど大きな岩ほど持ち帰った時の達成感はまた格別なものでした。人生で鉱物というものと初めて対話したような気がします。

ひたすら繰り返す。

省略しますが、150往復くらいすると上の写真のように少し形になってきます。休日や仕事に行く前の早朝の時間帯を使って何度もこの単純作業を繰り返します。雪の日も山へ向かい、雪をかき分けながら岩を掘り出しました。またある日にはスズメバチにも襲われながら岩を運びました。今となっては良い思い出です。

また、ここまでに2回ほど死にかけています。岩の最終中に亀裂から連鎖反応を起こし、意図しない巨大な岩が頭の上から体をかすめて落ちていったりして、冷や汗をかきました。でもきっと僕は神様に守られているのでしょう。僕の神様は、庭が完成するまでは僕を殺したりはしないんだと信じるようになりました。

200往復もすると段々と形になってきます。この頃になると手馴れた者で、岩の切り崩し方が上達します。実はちょうどこの頃、整体師になるというビジョンが頭の中に浮かんできました。そうするとまた色んなアイディアが浮かんできます。庭を自己表現のものだけでなく、いかにして人が癒される空間にできるのかを追求し始める事になります。

>>ついに水が流れる編へ続く

Sponsored Link

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published.