����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¹����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������³����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������µ����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¼����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������ª����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������³����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯

遺跡ガーデン

2005年に庭造りに出会い夢中になってから過去12年間、時間とお金、エネルギーを注いでずっとひとつの作品をコツコツと造ってきました。それが遺跡ガーデンです。僕は天空の城ラピュタが大好きで、あの雰囲気や世界観を感じる風景を作りたいと思い試行錯誤してきました。部活も勉強も何ひとつ長続きしなかった僕が、どういうわけかこの遺跡ガーデンづくりへの情熱だけは冷めることはありませんでした。そんな庭づくり奮闘記を聞いてやってください。


水の庭を作るということ

庭造りに夢中になったきっかけは「水の流れる風景:ウォーターガーデンへの憧れ」がほぼ全てです。ガーデンに水を流すことで「動き」を作れるし、そして何よりも「水音」がすることが最大のメリットとなります。この水音があるとないとでは、圧倒的に空間内の雰囲気が変わります。これに挑戦しない選択肢はありませんでした。


まずは和庭で滝を作る

遺跡ガーデンの滝が現在の形になる前には、もうひとつ前に別の作品がありました。家の庭にはこのように大きな築山があり、昔の農家によくあるツツジと松が植えられていました。2005年頃にこの勾配を利用して水が流れたらなんて素敵なんだと思い始めます。(この時、父はすでに他界していて、もう庭を自由にしていいという環境がありました。)

幼少期にはホースでこの山の上から水を流して、祖母に止められたことがあるな〜と過去の思い出を回想しつつ、もう止める者はどこにもいないので、実行に移していきます。

リビングの中に水音を

こんな感じでリビングに面しているので、滝の音をリビングの中にも響かせたいと思ったのです。何はともあれ、実行してみるのみ。元からうちにあった庭石を集めてきて、少しずつ転がして配置していきます。石の隙間をモルタルで固めて、防水シート(プールライナー)を設置。

半年くらいかかって小さな小川と5段の滝を造りました。この写真では見にくいのですが、やじるしの場所に滝があります。水はポンプで循環する仕組みにしています。水が地中に消えてまた別の場所から出てくるように仕掛けを作ったり、水の出口も一カ所ではなく、岩清水が3カ所から流れ落ちてくるように工夫して、山の沢にある風景に近づけようと努力していました。

すごく楽しくて夜の10時になってもライトを付けて一人で岩を転がして作っていた記憶があります。これが完成した時はもう感無量でした。山の沢の風景を自宅の庭に持って来れるなんて、贅沢だなーと。

 

もうひとつ嬉しかったことは、オニヤンマが庭にやって来たことです。水辺を作ると色々な生き物が寄ってきます。山にしかいないはずのオニヤンマがうちの庭にやってきたんです。なんだかこの作品が自然界にも認めてもらえたような気がしてとても嬉しかったのです^^。

Sponsored Link

でもなんか違う…

ですが、一年も眺めていると段々と、ここが気に入らないとか、もっとこうしたい、というアイディアがどんどん出てきます。これはやっぱり「どこかの和庭で見た事のある滝の模倣」なんですね。オリジナルの様でオリジナルではない。あとは水の流れている場所が歩く場所よりも高いため、不自然に見えてしまうのです。

名のある庭園に行けばもっと風格のある岩組の滝を見れるし、ここにしかない滝を作りたいと思うようになります。

そしてついに「遺跡から流れる滝」というビジョンが頭に浮かんでしまいます。ラピュタの再放送を見て思いついてしまいました。廃墟の美しさとガーデンを混ぜ合わせたらどんなにか美しいだろうと。目指すは遺跡ガーデン。というわけで、この作品は練習だったんだと言い聞かせ、造った滝を全て壊して更地に戻します。

そして更地に戻す。

撤去するのに半年くらいかかったでしょうか。重機の入れない場所なのでスコップと一輪車で少しずつ削っていきます。ツツジも全部抜いて木も何本か撤去して完全な更地ができました。すっきり。

なんでもこの築山はひいお爺さん達が、バケツで潟から泥をすくい上げてここまで運び、それを何度も繰り返し盛り上げて造ったそうです。それもまた相当の労力だったでしょう。そしてまさか、ひ孫にその築山を削りとられ、和庭の代わりに遺跡を造られる事になるとは想像もしなかったことでしょう。

>>岩を採取する編に続く…

Sponsored Link

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published.