����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¹����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������³����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������µ����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¼����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������ª����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������³����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯

ブロカントのやさしい空間

新潟市中央区水道町には、ひっそりと佇むアンクティーク空間 “ROMERO”があります。ここはオーナーの瀬野さんが自宅の古民家を15年の歳月をかけて少しずつ育てて作り上げている場所です。この空間のテーマ「BROCANTE」はフランス語で古道具を意味します。優しくて温かみのある南仏プロヴァンスの空気感が漂っています。

瀬野さんはスペインやフランスなどヨーロッパで15年、日本との往来を繰り返し放浪の生活をされていたという、とても変わった経歴の持ち主です。本場のブロカントの空間を知っているだけに、家具と雑貨の一つ一つにまで手を抜かず、とても洗練されて選ばれているのがわかります。

壁板にはホワイトのペンキを荒く塗りつけて、アンティーク加工で仕上げられています。これらも全てご自身で施工されているのがすごい。なんでも改装当初は、ホコリまみれで足の踏み場もないほど荷物が散乱する状態だったとか。整理整頓からはじめて、少しずつ少しずつ投資を重ね、イメージに近づけていかれたのですね。

 

計算された適当感

70歳とは思えないほど、エネルギーに溢れていて、また自由気ままなライフスタイルと柔軟な発想で空間づくりについても楽しくお話しさせて頂きました。そのお人柄と同様、カチッと作られた空間は好みじゃないそうで、適当感のある柔らかい空間に仕上がっています。とにかく感じるままに作る、というスタイルなんですね。確かにこういうラフさのある色の表情が見る者の体の力を抜かせてくれます。ブロカントの雑貨に囲まれて頂くハーブティーは格別の味でした。

Sponsored Link

 

ブロカントの雑貨たち

瀬野さんは南仏プロヴァンスに加えてスペイン、特にグラナダの風景が心に残っていて、そこで感じた世界観を作り上げていくのだそうです。スペインの南部はヨーロッパだけでなくアラブ系の文化が混じり、独特の雰囲気を醸し出しているんですよね。

 

ノスタルジックな色合い

原色を使わない。色数を増やさない。彩度を落とした中間色でまとめる。落ち着く空間というのは、やっぱり色についての感性を養っていないと作り出すことができないですよね。この柔らかい感じは、南仏プロヴァンスのお店の中にいるかのようです。

 

魅了する窓

奥の個室に入った瞬間に、ガーデンの緑が四角い窓から目の中に飛び込んできます。フランスの庭園でよく使われるアイストップ効果のように、軸線上に意図的に目を引くオブジェを配置するんですね。まるで額縁の中にある絵のように、奥へ吸い寄せられる不思議な感じがします。新潟にいることを忘れ、外からは地中海の風が吹き込んでくるかのようです^^。

 

一つ一つの雑貨類にも世界観を感じさせる雰囲気があります。瀬野さんの「感覚」を想像させられますね。

 

和洋折衷

古民家の縁側の部分も残してあって、和と洋の空間が隣接していることも、ここの空間に不思議なコントラストを作り上げています。足を伸ばして、しばらくガーデンを見ながらボーッとして過ごしました^^。

 

空間に情熱を注ぐということ

今現在も毎年少しずつ手が加えられ、空間に深みを出していってるそうです。年齢がいくつになろうと自分の愛する空間を作り上げ、時間をかけて育てていくその姿勢とエネルギーは、ここを訪れる若者たちも圧倒されることでしょう。空間づくりを通じて、こうやって様々な人たちと感覚を共有できることはとても楽しく、インスピレーションと刺激を受けました。

嫌なことがあっても、自分が自分らしく戻れる場所がある。それはこのストレス社会においては何物にも代えがたい資産となってくれますね。

この空間は「ROMERO」(ローズマリーの意味)と名付けられ、これからレンタルスペースとしても活用していくそうです。長い時間をかけて愛情の注がれた、温かい空間でした。今後の展開がとても楽しみです。

 

Sponsored Link

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published.