����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¹����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������³����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������µ����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¼����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������ª����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������³����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯

アンクルペペは一つの世界観を元に、複数の分野でチームプロジェクトを進めています。

ペペロッチング・マロスコ

アンクルペペはその名前の通り「ぺぺおじさん」という意味です。これは僕が小学生の時に作ったキャラクターなんです。

当時、紙でアドベンチャーゲームを友人と作っていて、その中に「壊れたハシゴを直してくれる職人」のキャラクターとして登場させました。フルネームをペペロッチング・マロスコといいます。なんでそんな名前にしたのか全く覚えていません。2012年、とある廃墟に忍び込んで一人でぼーっとしていたところ、急にこの名前を思い出し、イメージを膨らませて自分で再現して描いてみました。

名前を付けた当時は気付かなかったのですが、マラスコという名前がイタリア人の名字にあるらしいのです。マロスコと一文字違いだし、このキャラクターはどうもイタリア人らしいという事がわかってきました。

せっかくキャラクターを作ったので、一つの世界観を作って何か面白いことをやってみたいと思うようになりました。

それは、「絵本を描いて、その物語に登場するシークレットガーデンを実際の世界に作ろう。」というものです。お話の世界と現実の世界とがリンクしているというものです。


 

 

絵本✖️ガーデン

普通に普通のことをやっても何もワクワクしないので、もっとぶっ飛んだことをやりたくなり、物語の中のシークレットガーデンとリアルの世界が繋がるものを作ろうと思いました。ストーリーもできていて、少しずつ絵本の作成に取り掛かる段階です。


というわけで、3年かかって所有する田んぼをクレーター状に埋め立てました。現在はようやく土台ができて、一部をハーブガーデンとして機能させ、水路を作ってテストで流し始めたところです。

農業委員会には何をするつもりなんだと怒られ、近隣住民には砂が飛ぶと怒られ、親からは米が採れないと怒られ、抵抗勢力とワイワイやりながらも強行突破していきます。


アンクルペペの活動&サービス

具現化するには結構な資金が必要なため、チームを作りいくつかの分野で事業を構築しはじめました。

  • ウェブマガジン

本サイトです。ノスタルジックな空間作りをテーマに書いています。

  • ハーブ研究室(準備中)

ハーブの歴史、効能からクラフト作り、料理でのレシピを紹介するウェブマガジンを構築しています。また定期的にハーブ講座を開催しています。

温かみのある有機質なガーデンのデザインから施工、管理までを行っています。

作ってきた空間をレンタルしてイベントや教室の開催に活用して頂いています。

空間を演出する手作りの雑貨、ガーデングッズを販売しています。

 

Sponsored Link

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published.