����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¹����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������³����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������µ����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¼����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������ª����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������³����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯

ふくろうのごず

2012年、とある廃墟に忍び込んでから、不思議だなーと思うことがいくつか起こりました。それは頭の中で意図して思い描いたいくつかのことが、実際の世界で起こったり、意図せずとも感覚として勝手に頭の中に絵が生まれて、それが実際に起こったということです。それらは偶然という言葉では説明できないような普段では起こり得ないこと、だったのでとても不思議に感じました。

それが実際に起きた時には、「ああ、やっぱりこの展開になったんだ。」という感じで、起きている事象を冷静に見ている自分がいます。菜食主義に移行してから感覚が鋭くなったことは実感していたので、そういうことも影響しているのかもしれません。その廃墟で体験した他のことは省略しますが、ここではフクロウとの出会いについて書いて見ます。

廃墟の中で蘇った幼少期の思い出

2012年の春、前から気になっていたある廃墟に忍び込んで、この朽ちた部屋においてある椅子に座って、一人で黄昏ていました。その時に子供の頃の思い出が急に蘇り、当時友人と紙で作っていたゲーム、その中に登場させたキャラクターのことを思い出します。ペペロッチング マロスコという名前の、壊れたはしごを直してくれる職人でした。(廃墟のような異空間にいると、僕の脳は日常の雑念から離れることができ、インスピレーションを得られることがよくあるのです。)

家に戻り、なんとなくそのキャラクターのことを思い出して、絵に描いてみました。

フクロウを描き加える

数ヶ月経って見直してみると、このおじいさん一人ではなんだか寂しそうだなと思うようになり、何か動物をそばに描き加えようと思い始めます。翌年の1月頃、スコップにとまったフクロウの絵を描き加えました。

僕は過去10年間、週に1、2回ほど五頭山(家から車で40分ほどの距離)という山にある滝に行って、早朝に瞑想をしています。小さい頃からその山ととても親密だったので、フクロウの名前をその山の名前からとって「ごず」にしました。

またいつも寝る前にやっていることがあります。自分がこれから描くガーデンを頭の中で視覚化することです。草花の一つ一つの詳細な描写までを頭の中で描くのです。そしてこの頃、ガーデンの中をフクロウが飛ぶ光景を描きながら眠りについていました。


Sponsored Link

ガーデンテラスでの前兆

2013年の5月、ある朝に母親が僕のところに来て、今ちょうど庭にフクロウがいたんだよと感激していました。後に出会うフクロウとそっくりの個体がガーデンテラスの椅子のところに止まって、じーっと家の中を見ていたんだそうです。母親は僕が廃墟から持って来た置物だと思って近づくと、そのまま飛んで行って驚いたそうです。(フクロウの写真は撮れませんでした。)

僕も母親もこの家に40年くらい住んでいますが、フクロウを見かけたことは一度もないので、この辺にもフクロウがいるもんなんだね〜と話していました。

 

そしてその廃墟で出会う

その出来事からちょうど2週間後、廃墟に入るとホテルのバルコニーで黄昏ているフクロウの雛に出会いました。逃げるだろうと思って近づいてみたところ、そのままじっとしているので近づいて写真を撮りました。子供の頃のように宝物を見つけた感覚になり、そのまま家に連れて帰りました。(後から野鳥は連れて帰ってはいけないという法律があることを知ったのですが、その時に知っていたとしても従わなかったでしょう。)名前もすでに決まっていました。「ごず」です。

それからゴズが急死するまでの一年半の間、寝起きを共にして過ごしたくさん話をし、僕にとっては誰よりも近い存在になりました。(野生のフクロウとの生活についてはまた後日UPします。)

振り返ってみて

自分のガーデンの中にフクロウがいるという光景。頭の中で描いたら不思議な展開を経てあっという間に現実化してしまいました。「思考は具現化する」とか「引き寄せの法則」とスピリチュアルな世界では色々な呼び方をします。それらを僕は盲目的に信じることはないのですが、でも振り返ってみても、頭の中で鮮明に描いたエネルギーは、人間の知覚を超えた領域を通して、現実世界に多少なりとも影響することがあるのかもしれない、と思わされる展開でした。

では当時に想像していたことが全て具現化したのかといえばそうではないし、具現化したフクロウは今はもうこの世界からいなくなってしまいました。(1年半の間、寝起きを共にして本当の娘のように想っていましたが、2015年1月に突然急死してしまいました。)

今一つの確かな感覚があります。それはまたゴズに会えるという感覚です。しかもそれは僕が死んだ後の死後の世界でではなく、今のこの現実世界の中で再会できるようになるという感覚です。

 

野生のフクロウ、ゴズについての詳細は後日またUPします。

Sponsored Link

Leave a Reply

Your email address will not be published.