����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¹����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������³����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������µ����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¼����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������ª����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������³����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯

ラピュタ&ドラクエの世界観

大自然の山々と大河が交差する場所、新潟県阿賀町。山道を歩くと突如としてこの煉瓦造りの構造物が姿を現します。まるでドラクエの埋もれた古城の世界に迷い込んでしまったかのような、どこからかパズーやシータ、ドーラの声が聞こえてきそうな、そんな想像力を刺激される空間です。最初のゲートをくぐる時には一瞬、現実と非現実の境目がわからなくなるような、そんな錯覚さえ起こりました。

子供の頃の、未知の世界を探検するワクワクする冒険心が蘇ってくる人もいるかもしれません。感覚を研ぎ澄まして、繊細なレベルで雰囲気を感じ取るなら、異空間を楽しむには最高の場所の一つです。


 

廃墟と清流の音

空間として他の廃墟を圧倒できる要素の一つは、この炭鉱施設を二分するように流れている清流の存在です。透き通るほど透明な沢の水音がするこの表のスペースには、廃墟特有の陰湿でジメジメした空気感はありません。

質の高い廃墟と清流という組み合わせは、他ではなかなか味わうことはできないのではないでしょうか。ノスタルジックでのどかで、時間の流れを忘れさせてくれる素晴らしい空間です。

Sponsored Link


廃墟に学ぶ空間づくり

まさに自分が理想とする廃墟がここにはありました。自分が作りたい空間の模範例が凝縮して散りばめられていました。廃墟という独特の空間にしかない表情から、空間づくりにも役立つアイディアが多々あるのです。この良い事例を使って少し観察していきましょう。

1:不便性の中にだけある美しさ

普通なら人の通り道、園路を塞ぐように植木を配置したりはしないものです。ですがここでは樹木が主で人間はお邪魔させてもらってる存在。人間の方が植物に気を使って避けながら進まないといけません。でもこういう風景に童心を刺激され、ワクワクしてきたりしませんか?「不便さの中にこそある美しさ」というものがあることに気付かされます。

2、自然と人工物の絶妙なコントラスト

自然の反対にあるものが人工物です。僕は大自然の山奥にいる時よりも、この対局的な人工物のオブジェがあって、それを自然が飲み込もうとしている様子の中にこそ、自然界の力強さというものを感じます。人工物というものは「自然」を引き立てるのにとても重要な要素であることがわかります。

 

3:時間の経過を創出する

ひび割れたレンガの隙間から顔をのぞかせるシダや壁を覆う蔦生の植物たち。綺麗に整ったガーデンのものよりも愛らしく見えてしまうのはなぜでしょう。人間の管理下から離れてある程度の時間が経ったんだなと感じます。ゴツゴツとした木の根があちこちで構造物を包み込んでいます。空間の中に時間の流れを表現できるという良い事例ですね。また壊れたその様は、「君も壊れてていいんだよ」って優しく語りかけてくれるようです。

余談ですが、ラピュタの地下回廊のシーンでムスカが、

「なんだ!?これはっ!木の根がこんなところまで!一段落したらすべて焼き払ってやる!」という描写がありました。当時、子供ながらに「いややめて、このままで素敵じゃない。」と心の中で呟いたのを思い出しました。

 

4:想像力を掻き立てられる

そうそう、この感じ、です。この穴の空いた通路はどこに繋がっていて、なんのために使われたのだろう。と「無意識に想像させられる構造物」にはとても惹かれるものがあります。空間を全て堪能できるわけではなく、足を踏み入れられない未知の領域があるということが、脳の中に未完了状態を作り出し、興味を惹きつけるのですね。

自分が作った遺跡ガーデンの中にも水路跡のような構造を造ったのですが、まさにそれのお手本がここにあったという感じです。古枕木に書かれた文字や、支柱に使った電柱に付いている錆びた鉄の金具とか、そんなちょっとした演出があると「見るものを想像させる」という魅力を作り出すことができますよね。

 

一体、奥に進んだらどんな空間に繋がっているのだろう。とその領域に吸い込まれそうな感覚になります。ほとんどの通路は狭すぎて体が入らなかったり、崩壊を起こしていたり、水で埋もれて先に進むことはできません。でもきっとその先には宝箱があるに違いない。

それではいくつかの通路の中に入ってみましょう。


 

ちょっとだけ幽玄な空間

なんとも言えない神秘的な空気感が漂っています。外の空気よりも空気はひんやりと冷たいですね。僕が闇の側の人間だからでしょうか、こういう暗闇に包まれているとなぜか落ち着く自分がいます。しばらくぼーっとして時間を過ごしました。崩壊した部分からは絶妙な感じで光が差し込んで、レンガの一つ一つの表情は外のそれとはまた違ってより幻想的に見えてきます。

廃墟の美しさを感じる醍醐味は、陰陽でいう「陰」の側の美しさを感じることにありますよね。この神秘的という空間が生まれるには光だけはダメで、闇の働きが必要なんだなと改めて感じさせられます。日本にも幽玄という美学がありますが、「幽」は異世界を表し、「玄」は黒を表しています。どこか別世界へ通じているかのような、ここだけ別の時間が流れているかのような、そんな幻想的な空間です。

 


持倉鉱山の概要

歴史

銀山として江戸時代に開抗して、大正時代に閉山。螢石というものを産出して全国的にも豊富な産出量の鉱山として有名だったようです。詳細な歴史についてはググって他サイトで調べて下さい^^。ここではざっくりと。

 

東の持倉鉱山、西の軍艦島

そういわれるほど、評価の高い空間の一つなのも訪れてみると頷けます。軍艦島には行ったことはないのですが、写真で見る限り軍艦島ほどここは巨大な施設ではなく、もっとコンパクトに魅力が凝縮されている感じがします。メディアにも取り上げられ有名な廃墟の一つで、最近では撮影ロケーションとしても使われているようです。


 

秋の哀愁の表情

秋には枯れた草木が別の風景を作り出しています。レンガの上にススキが風に揺れていて、哀愁漂う風景があります。レンガの色が暗いため、曇り空の日には少しどんよりした色彩になります。写真を撮る人は晴れの日に来て青空を入れるといいかもしれません。


ニュートラルを感じる空間

当たり前ですが、当時の人たちは今のようにこの空間を見てはいなかったでしょう。鉱物を産出し利益を生み出すための「職場」なわけで、今と全く違う空気が流れていたことが想像できます。そういった人間の欲望のエネルギーがなくなって、自然の力でニュートラルに還ったこの空間には、包み込んでくれる優しささえあります。人間というものは相対的にしか物事を感じれないので、自然のど真ん中にいる時よりも、ここの方が無意識にそれを感じ取れるのかもしれません。

まとめると、しつこいですが、やっぱりラピュタの城とドラクエの古城を掛け合わせたような場所です。持倉鉱山は今まで訪れた中でも最高に素晴らしい廃墟の一つで、僕にとっては何時間でも過ごせる空間です。何度か来てのんびり過ごし、空間づくりにも多くのインスピレーションを得ることができました。

友人と訪れてドラクエの冒険気分を味わうのもいいし、一人でゆっくりと時間を忘れ、空間と対話するのにも最適の場所です。ノスタルジックな雰囲気を好む人は是非一度足を運んで見て下さい。紹介しておいてなんですが、メジャーな廃墟にならずに、このままひっそりと佇んで欲しい場所です。


ヒルにご注意

この失われた古城には梅雨の時期からヤマビルというモンスターが出没します。エンカウント率は非常に高く、ヒルにトラウマのある僕は彼らがこのエリアを占領している間は近づくことはできません。春先か秋の終わりにいくのがベストでしょう。ヒルが気になっていては黄昏ることなんてできません。

 


 

Sponsored Link

Related Posts