����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¹����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������³����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������µ����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¼����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������ª����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������³����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������£����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¿����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������½����¯�¿�½���¯���¿���½������¯������¿������½����¯�¿�½���¯���¿���½����¯�¿�½������¯

アンティーク&ノスタルジックな空間作り

どこか欠けていて、色あせていて、不完全で、それでも優しく温かいエネルギーをくれるアンティークなものが好きです。そして素朴で哀愁の漂う空間、初めて見るのに懐かしさを覚える、そんなノスタルジックな風景が好きです。このサイトを通じて同じような感覚の人に出会えたら嬉しいです^^。

  • ガーデニング D.I.Y

自宅の庭を12年かけて作ってきました。その経験から役立つ情報をシェアしていきます。

  • 国内外のノスタルジックな風景、空間の紹介

幻想的な風景から空間デザインのアイディア、インスピレーションを得ましょう。

  • アンティーク雑貨や家具の紹介、レビュー

おすすめの雑貨と家具の紹介をします。

  • 管理人の空間作り日記

過去の作例〜現在〜将来のプランまで庭造りの日記です。

  • アンクルペペの絵本作成記 など

絵本と音楽などアンクルペペの世界観の構築にチャレンジしています。

  • 廃墟の紹介

遺跡や廃墟の中にある風景の中には、空間づくりとなるヒントが豊富にあります。訪れたスポットを紹介しながら、そこで感じたインスピレーションも書いていきます。

 

自然の素材を使い、手のぬくもりと共に作られた空間を持つ事。それを時間をかけて大切に育て、自分だけの風合いを出していく。そしていつの間にか、まるで自分の体の一部になっているかの様な、そんな空間を持てる事が最高の贅沢だと思います。


自分だけの小さなユートピアを作る

子供の頃、ハックルベリーフィンの物語や、映画スタンバイミーに登場する秘密基地を見て、ワクワクしませんでしたか?

現代の日本の社会は比較と競争の中にあって、僕たちはとても窮屈で強いストレスに晒された世界の中にいます。そんな中で自分の居場所という秘密基地のような空間を持つことは、もう一つの世界を持つことです。それは自分の避難場所になってくれたり、心を原点に戻してくれる場所になると思います。

これから先、地方都市では人口減少によってさらに空き家が増え不耕作の田畑が増えてきて、不動産を考えられないような低価格で手にする事ができるようになるかもしれません。分譲地ではなく隣家との距離のある古民家を買い取り、自分の手で空間を作り上げていくことはとても楽しく幸せなことだと思います。自分の子供のように育てた空間自体は資産となって残り、経験は思い出となってかけがえのない有意義な時間になります。

外の世界から隔離された自分だけの場所、それは一つの世界観でできたユートピアだと思います。それはどんなに小さな規模でもいい。その価値観をこのサイトを通じて広げていきたいと思います。

 

Sponsored Link

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published.